本覚寺

   

登米市登米町寺池字道場9  地図

米谷吉郎右衛門墓 仙台藩。
登米伊達氏の家臣。
戊辰戦争では駒ヶ嶺などで戦い功あり、戦後は帰農して殖産興業に従事した。
明治元年11月、たまたま幕府敗残兵の純義隊長松村某ら11人が吉郎右衛門の家に投じ、寒さが肌を刺す季節で吉郎右衛門は窮状を見かね手厚く待遇した。
それを知った登米の重臣秋山峻は謀反と偽って神機隊長の寺西繁人に訴えた。
明治2年5月3日、吉郎右衛門はそれを鵜呑みにした寺西に斬られ死す。
45歳。