佐取古戦場

   

五泉市佐取2660周辺  地図

佐取古戦場 明治元年8月7日、会津藩は会津藩領最北端の佐取に陣を構えた。
佐取山と陣ヶ峰に布陣し、白虎寄合二番隊は1キロほど離れた佐取集落石井方に待機した。
8月10日、阿賀野川対岸の小松・石間で激しい戦闘が開始され、そこに布陣していた会津藩が苦戦していたため、佐取の会津藩兵の一部が援軍に赴いた。
西軍は、馬下上手から渡河し佐取山の下手に約80名が上陸。
二手に別れ、一隊は陣ヶ峰、もう一隊は佐取山を迂回し、ここに布陣する会津藩を挟撃する態勢を取り、激烈な戦闘が開始された。
白虎寄合二番隊は、佐取山に向けて応援に駆け付けたが、星 勇八が戦死している。
多くの戦死者を出した会津藩はついに敗れ、長徳寺・石井佐久次方に火を放ち退却した。