紫雲寺

   

三春町字大町184  地図

井上弥太右衛門墓 土佐藩。
足軽(徒士とも)。
城下農人町住。
輜重隊。
明治元年7月28日岩代本宮で戦死。
21歳。
江口精馬墓 土佐藩。
小姓組。
城下南奉公人町住。
迅衝十番隊。
明治元年7月29日岩代二本松で傷、8月2日死。
21歳。
近藤楠馬墓 土佐藩。
歩行格(小姓格とも)。
迅衝一番隊。
土佐郡小高坂村住。
明治元年8月20磐城山入村で傷、21日死。
22歳。
日下専六墓 土佐藩。
夫卒。
明治元年8月若松で陣没。
新兵衛墓 大村藩。
中間。
明治元年8月23日若松で傷、帰営後死。
河野広中遺髪塚 三春藩。
郷士。
川前紫渓に儒学を学び尊王攘夷論を唱える。
戊辰戦争では三春藩は当初、奥羽越列藩同盟に加盟していたが、広中は西軍への帰順を画策し、東山道先鋒総督府参謀であった板垣退助と会見。
帰順後は土佐藩兵に合流し、二本松、会津を転戦した。
明治7年(1874年)に自由民権運動が起こると、その指導者の立場として運動に参加した。
明治14年(1881年)に福島県議会議員に当選し議長をつとめる。
明治23年(1890年)の第1回総選挙で衆議院議員に当選し、明治36年(1903年)には衆議院議長、大正4年(1915年)から大隈内閣の農商務大臣をつとめる。
大正12年(1923年)12月29日没。
享年74歳。