長命寺

   

会津若松市日新町5-51  地図

会津藩2名墓 鈴木三郎・・・7石2人扶持。朱雀寄合一番一柳隊。明治元年8月23日若松城下で戦死。29歳。
鈴木五郎・・・年割。白虎寄合一番原隊。明治元年9月15日会津一ノ堰で傷、11月雨屋で死。16歳。
戦死墓 戊辰戦後、長命寺の住職が無残な遺骸を見かね、密かにこれを集め埋葬した。
その後、阿弥陀寺に埋葬することになり、長命寺の遺体も改葬するよう指示が出たが、住職は頑として応じず、結局会津藩士の遺体は阿弥陀寺と長命寺に葬られることになった。
阿弥陀寺の1280柱に対して、145柱の遺体が葬られている。