正法寺

   

会津若松市東山町大字石山字天寧196  地図

神尾武右衛門墓 会津藩。
7石2人扶持。
青龍足軽一番杉田隊嚮導。
明治元年5月1日磐城白河で戦死。
48歳。
佐原盛純墓 若松馬場町生まれ。
旧姓金上。
18歳で江戸に出て、添川完平、杉原心斎らに学ぶ。
文久3年(1863年)外国奉行池田筑後守の師となってフランスに渡り、パリの往復記録『航海日録』を書く。
維新前後は他藩に仕えたが、明治5年(1872年)足柄裁判所勤務。
明治8年(1875年)若松へ帰り、塾を開いて漢学を教えた。
後に私学日新館教授。
明治17年(1884年)『白虎隊』の漢詩と剣舞を初めて墓前に奉納。
明治41年(1908年)12月4日宇都宮の親族の家にて没。
享年74歳。
荒川勝茂墓 会津藩。
130石で北原家家臣団20人中の筆頭。
明治2年11月に本人の書いた身上書によれば、戊辰戦争時は進撃隊席御供番。
敗戦後、塩川に謹慎し、明治2年2月には越後高田藩に幽閉される。
斗南藩に移り藩再興に尽くす。
その間の『明治日誌』全4巻は貴重な資料。
廃藩後、会津に戻り、教育者としての功績が大きい。
明治42年(1909年)2月5日没。
享年75歳。